2017/01/20

読書という瞑想

いつか読んだ本で、カートヴォネガットが言っていたことを思い出している。
確か、『ヴォネガット、大いに語る』 だったかな、
“巷では瞑想が流行っているようだけど、それよりもみんな本を読んだらいいのに。
本を読むのは瞑想だ。”というようなことを言っていた(と、記憶している)。
その時は、ははは、確かにね、くらいにしか思わなかったんだけど、
今は深く、うん、わかるわかる、そうだよね、と思う。
『いいかげん人生術』 の秋山さんはゲームは瞑想だって言ってたなぁ。
同じようなことなのかもしれない。

特に物語を読んでいて、最近それを強く感じる。
物語って、潜在意識にはたらきかけているのだなと。
読んだらなにかがわかるとか、勉強のためにしかたなく、とかではなくて、
(もちろん知識を得るための読書でも自分がワクワクするものならいいのだけれど)
物語を自分の中で自分の方法で再生しながら、それそのものをただ楽しむ。
ページを開き、目の前に広がる本の世界に没入する。
そうすると、何かを理解するとか解釈するとかそういう意識レベルではなく、
知らず知らずに潜在意識に作用している。
それが目に見える世界にすぐにあらわれることもあるし、
何年も、何十年も経ってから、ふとした時にあらわれでることも、ある。
だから、自分にとっておもしろいと思えるものならなんでもいい、
とにかく本を読むこと。
おはなしって、みんな本当は好きなんじゃないのかなぁ。
ま、実際に瞑想するのもとてもいいし、ゲームをしたっていいよね。
走るのもいいし、釣りなんかも見てると瞑想的な感じがする。

私にとっては本を読むのが好きで楽しくてしかたがないから読んでいる、
ただそれだけ。
でも、それってとっても大事なことだ。
そういえば、書くのも楽しい。書かずにおれない。