2014/04/20

39週 もうすぐ、もうすぐ

毎日たくさん歩いて、食べて、寝て。
赤ちゃんを迎える準備も整って、心の準備も万端。
タケシくんも長期休みに入ったので、もうすっかり安心。
あとはお腹の子がいい時期をつかまえて出て来てくれるのを待つだけ。
木の実が熟してぽろんと木から落ちるように、
そんなふうにお産のタイミングってやってくるのかなぁ、そんな感じがします。

ブログに書きたいことがたくさんあって、書かなきゃ書かなきゃと思いつつ、
なかなか長い時間はパソコンに向かっていられなくて、
書きはじめても文章もまとまらなくて。
しばらく書き物はお休みかな。

妊娠中にたくさんのすてきな贈り物をいただきました。
安産のお守りもいくつも。
そして、歌手の田野崎文ちゃんのCD、詩人の佐々木光葉さんの詩集、
お世話になっているお客さんからいただいた、太陽の光の届く時間の砂時計。
産まれる前からこんなにたくさんの美しいものを贈ってもらえるなんて、
お腹の子は本当に幸せだなぁと思います。
みなさんすぐには会えないところに住んでる方々。
ブログを読んでくれてるみたいなので、
お礼を書きたいと思っていたのでした。
遅くなってしまったけれど、ありがとうございます。





2014/04/13

お花見と、こじまや新商品
































お店の朝礼を兼ねてお花見をしますよー、とお誘いいただく。
前日にタケシくんがはりきって作ったこじまやの新作、
抹茶かりんとうを持って、あたらしく04の裏に出来た小さな公園へ。
目の前には大きな一本桜。
お天気も良く風もあまりなくて、気持ちいい!
行ってみると、お茶席が用意されていました。
桜を目の前に、おいしいお抹茶。贅沢な時間。

























私はこじまや製品のアートディレクションを担当
(かっこよく言ってみたけど、要はパッケージを書いているだけ)
しております。

























ちなみにこちらは先日作っていたみたらし団子。
妊婦の私が食べたがるのが和菓子ということもあってか、
最近、和菓子作りにはまっているタケシくん。
こじまや商品、すでに三種類も。
そろそろ和菓子屋始めるんですかと聞かれそうだね。
(今のところ予定はありません)

2014/04/04

妊婦検診12回目 36週6日 と、両郷へ

いよいよ臨月に入って初めの検診。
お産についての具体的な話だったか、練習だったか、
次回はそんなことをしようか、という話だったような。
最近本当に物忘れがひどいのでよく覚えていないのだけれど。

検診の後に、両郷のキクチ家に遊びに行く約束をしていたら、
キクチ夫妻の検診(同じ助産院なので)も同じ日の少し早い時間になったよと
メールがあったのでした。
普通の家を改装してある小さな助産院なので、
行ってみると二人の声も聞こえてきたりして。
部屋が埋まっていたのでしばらく待って、
キクチ夫妻と入れ違いで私たちの検診が始まる。
助産院で顔を合わせるのはなんだか楽しい。

いつもの検査に加えて、いくつか体操を教わる。
胎児も上すぎず下すぎず、いい場所にいて、
大きさも程よく2600gくらい。
(この辺りからは胎児の体格や体型の個体差が大きいので
エコーでは推定体重は出しにくいらしい)
羊水もたっぷりだし、骨盤も見たところ大きそうだし、柔らかくよく動くし、
ベルトはちゃんとつけられているし、(ベルトを見ればわかるのよー、とのこと)
おっぱいチェックでは、完璧とのお言葉をいただき、万事順調。
「ネックはただひとつだけ、小島さん、はっきり言っておくわね、年齢よ、年齢!」
とのことだったのだけど、まぁ、そればっかりは
今からじゃどうしようもないことですし。
年相応に歩いたり休んだりして、お産に備えて体力をつけるくらいしかできないかな。
助産師さんには、とにかく水分を摂って、羊水を増やしておくことね、と。
体重増加は8.5キロくらい。
今までの増加の仕方もすごくいいとのことで、
あと1キロは増えても大丈夫よー、と。

なんだか本当に、頭をからっぽにしてただ楽しみに待つだけでよさそう。
私の気楽そうな感じが伝わったのか、最後に「でも陣痛は本当に痛いからね」と
釘を刺されはしたものの、特に注意することはなかったよう。
今回教わった体操は、この前とは別の骨盤の体操と、
四つん這いになって背中を伸ばしたり丸めたりする猫の体操、
仰向けで足首を動かして足の血行をよくする体操。
お産の話はほとんどなしで、拍子抜け。
まだお産の始まる様子は全然なさそうなので次回にとのこと。
次回は一週間後。

お昼はエミちゃんから教えてもらった黒羽の甘味処、茶房城山で
とてもおいしいおやきセットをいただく。
甘味も食べたかったのだけど、小さなお店で混んでいて
待っているお客さんもいたので、また次回にということにする。

お宅にお邪魔するのに時間より早く行くのは御法度だよねと思いつつ、
時間を過ごせる場所がなく、約束の時間より少し早く着いてしまったので、
近所を散歩して待たせてもらう。
両郷の家の周りは散歩にぴったりの広い歩道があって、
山も近くてなんだかほっとする風景。
田んぼのあぜ道には小さな野の花が咲いていて、つくしも顔を出していた。
こんな道を散歩できるなんてうらやましいな。
時間になったので家に向かって歩いていたら雨がぱらぱら。
いいタイミングで帰って来た大ちゃんが傘を届けてくれ、
二人の耕している畑も見せてもらう。

両郷の家には二度目の訪問だったのだけど、すっかり馴染んで居心地よく、
何でもないことをつらつらと話して楽しい時間を過ごす。
検診の話やら妊婦の情報交換もそろそろ終わり、今度は育児の話になるのだなぁ。
エミちゃんの作ってくれたおいもの飴掛け、おいしかったなー。





















臨月のお腹写真も撮ってもらいました。




















大きなお腹がふたつ。これも貴重な写真ー。
もうすぐ出てくるね。