2014/01/07

自然のレッスン

待ちに待った、歯医者の日。
詰め物がとれてぽっかり空いてしまった歯の穴をふさいでもらわなくては。
虫歯の治療も、あと一本。

年始だからかいつもよりも混んでいて少し待つ。
診てもらうと歯の大穴は詰め物の下で虫歯になっていたようで、
これ、取れてよかったですよ、と言われる。
しっかり削って埋めてもらう。
もう一本の虫歯も思ったよりも深くまで虫歯になっていた。
麻酔なしで二本、痛みはほとんどなかったけれど、
緊張するので終わるころにはへとへとになってしまった。
でもこれで虫歯の治療は終了。
もっとお腹が大きくなる前に終えられてよかったな。
そろそろ診療台にじっとしているだけでも疲れるようになってきた。

そして午後、とんでもない出来事が。
歯医者疲れとお昼に消化に悪いものを食べてしまったせいで、
久しぶりに身体がだるく眠くてどうしようもなくなる。
少しお昼寝してからお店を開けようと、一時間ほど横になることに。
一時間後に起こしてもらい、まだ体は重かったけど、
大阪の実家に荷物を送りたいし、お店だって開けたいし、
それにあんまり長く寝てしまっても後で余計にだるくなるかもしれない、と
がんばって体を起こす。
そして階段を降りていたところで、足を滑らせて踏み外し、階段から落ちてしまった。
落ちたと言ってもほんの数段なのだけど、腰とかかとをしたたかに打ちつける。
ものすごい音にびっくりしてタケシくんが飛んでくるも、
すぐには起きれないくらいに腰が痛い。
とりあえず、ふとんに戻ることにしてもう一度横になる。
幸いにも打ったのが腰の左側、脂肪の厚い部分だったので、
骨なんかは大丈夫そう。
お腹の痛みや張りなどはなく、しばらくすると小さくだけど
胎動もしっかりと感じることができたので、お腹の中は大丈夫なはず。
それにしても、びっくりさせただろうなぁ。
申し訳ない気持ちでいっぱいに。

せっかく手すりをつけてもらったのに、手を添えている程度で、
足元にも注意を払わずに降りてしまっていた。
完全に、不注意。
一人の体じゃない、ってこういうことなんだなぁと、今さらながら実感。
お腹も大きくなって、着実に体は変わってきているのに、
今まで通りの感覚でいてはいけないんだ。
まだまだわからないことや気づいてあげられないことばかりだけど、
今は少しずつ、お腹の子に教えてもらいながら
母になる準備を整えていっているところ、そんな感じがしている。
お腹の子にとってよい母であるためにどうしたらいいのかということは、
すべてお腹の子が知っていて、いつも教えようとしてくれているんだ。
産まれてからだってそう。
うまく感じ取れるようになりたいなぁ。
出産までの課題かな。
もっともっと身体に意識を向けて、大事にしよう。