2014/01/23

タケシくんの誕生日

昨日、合同誕生会をすませてしまったので、
どうやらいつも以上に実感の湧かない誕生日。らしい。

朝から、庭の除染作業が始まる。
妊婦や子どものいる家は特に念入りに行なってくれるということと、
全部の作業行程を余すところなく実施してもらうようお願いしてあるので、
作業はとても大掛かり。
機材もたくさん、人もたくさん。
たくさんの人が、みなさんとてもきびきび働いてくださっていた。
明日までかかって仕上げる予定とのこと。

ここ数日また急にお腹が重くなったような実感があって、
少しまとめて家事をしただけで息が切れてしまうことも。
普通に歩いている時なんかも少しバランスが取りにくくて、
例えばもう平均台の上はうまく歩けそうにない、そんな感じ。
今までよくわからなかったお腹の張りというのも、
たぶんこれだ、というのが最近少しずつわかるようになってきた。
胎動も、日にはよるけど力強い動きを感じることが多くなってきた気がする。

そうそう、胎動を観察していて、もしかすると、
お腹の人は比較的大人しい性質なんじゃないかと最近思い至った。
胎動と胎動の間隔が長い時が多いし、強く動いている回数が少ない。
ゆっくりもにゅー、とか、弱めにぽこぽこのほうが多いかな。
胎動が強くて痛いくらい、なんてこともよく聞くんだけど、
まだ痛いってことはないなぁ。
そろそろ7ヶ月の後半に入ったところだから、
これからもっと力強く動くようになっていくのかな。
初めてのことなので比べようがないのだけれど、
トモちゃんやエミちゃんの話を聞いたり、調べたりしていると、
うちはちょっと大人しいほうなのかも、そんな感じに思えてきた。
とはいえ、検診ではいつも順調とのことだし、
問題なく元気に育っている感じはするので、
(うまく説明できないけど、なんとなくわかる)
きっと私に似ていてよく寝る子なんだな、と思っている。
好きな音楽もタケシくんよりも私に近いようだし、
ゆったりおっとりしているし、これはなんだか気が合いそうだ。

さて、お腹は重くとも今日は年に一度のタケシくんの誕生日。
少しくらいは誕生日らしい特別なものを作りたいと思い、
レモンカード入りのクランブルマフィンを焼く。
そしてファラフェルを作ってみることに。
ファラフェルは中東料理で、ひよこ豆のコロッケのようなもの。
材料が似ているので先日作ったフムスを利用して作ってみる。

フムス100gに乾燥ひよこ豆100gを水に浸して戻して砕いたものを合わせて、
大きめ玉ねぎ1/4のみじん切り、塩少々、
コリアンダー少々(クミンはフムスに入っているので入れなかった)
つなぎに小麦粉を大さじ1ほど足して、まるめて揚げる。

ターメリックライスを炊いて、千切りレタスとファラフェルを盛りつけたら、
ファラフェルライスのできあがり。
(見たことも聞いたこともないけど、なんとなく創作)
揚げ野菜やトマトなんかをトッピングしたら立派なワンプレートになりそう。

晩ごはんはファラフェルライスと
豆乳スープ(白菜、じゃがいも、たまねぎ、ウインナー)
マフィンは積み上げてローソク立ててみました。
申し訳ないくらいささやかな、気持ちばかりの誕生日のお祝いだったのだけど、
よろこんでくれたのでよかった。
次の誕生日は3人でお祝いすることになるのかと思うと、
なんだかとても不思議な気分。




















レモンカード入りクランブルマフィン。
この間作ったレモンカードがすごくおいしくて、
スコーンにつけるとぺろりといくらでも食べれてしまって
とっても危険。
レモンカードとクランブルにバターを使っているので
マフィン生地はヘルシーにと思い、
ノンオイルでヨーグルトマフィンにしたところ、
味はいいのだけどグラシンカップからはずしにくい。
少しくらい油分がないとはがれにくくなってしまうのだな。
クランブルは初めて作ってみたのだけど思ってたより簡単。
サクサクおいしく、タケシくんには大好評。
ほんの少しだけ粉っぽさが気になったので、
次回は配合を変えてみようかな。
バターじゃなくてなたね油でも作ってみたいところ。