2013/11/20

歯科検診とオニオングラタンスープ

昨日は久しぶりに一日中頭痛と気持ち悪さが抜けなくて、
ほとんど寝てすごしてしまったのだけど、
今日は打って変わって調子がよく、体が軽い。よかった。
外は晴れて空気は冷たく、歩いていると本当に気持ちがいい。
庭の木蓮も少しずつ葉を落とし始めている。
まだまだ冬の入り口、これからどんどん寒くなるんだ。

午前中に歯科検診の予約を入れているので、いつもの歯医者さんへ。
家から歩いて10分ちょっとで到着。
なぜかよく時間ぎりぎりになってしまう私には程よい距離。
散歩にはもの足りないので、
帰りはいつも近所をぐるっとまわって少し歩いてから帰る。

歯医者が好きという人はあまりいないだろうと思うけど、
私は歯医者も、病院も、ついでに美容院もとても苦手。
それでもこの歯医者さんには、行くのが嫌だなと思ったことがないのだ。
むしろ、散歩も含めて楽しみにしているくらいかもしれない。
さすがに親知らずを抜く日(計4回)だけはすごくどきどきしたけど。
院長先生はとても熱心で気さくないい方だし、
(以前予約を忘れてすっぽかしかけた私にわざわざ電話してくれたことも)
受付も感じよくかわいいお姉さんだし(しかもたぶんすごく仕事ができるのだ)
そして、歯科助手の方の腕がとてもいいような気がする。
清潔で的確で、安心感のある歯医者さん。
足取りも軽く歯医者さんに向かう。
まさかそんな日が来ようとは、子どもの頃は思いもしなかったな。

ところで、どうして今日は歯科検診なのかというと、
妊娠中の歯科検診は医療費補助が出るとかで、
母子手帳にも歯科検診の結果を記入するページがあるのだ。
母子手帳の記入欄が埋まっていくのは楽しい。
先日行った母親学級で保健センターの方との個人相談の時に、
私の母子手帳に病院からの記載がないのを見て、
母子手帳を提出して書いてもらってねと言われた。
出してくださいって言われるのをまだかなぁと待っていたのだけど、
どうやら自分から出すものだったらしい。
次回、これまでの記録も一緒に記入してもらえたらいいのだけど。
妊婦検診に通っている病院はいつも忙しそうで、
とくに受付が、なかなか声を掛けにくいのだよなぁ。

話を歯医者さんに戻して、
検診の結果、虫歯が3本もあるということが発覚。
矯正中で歯が磨きにくいし、間食もよくしてしまっているので
覚悟はしていたけど、3本ね。
多いのか、それくらいですんでよかったと思うべきか。
幸いにも3本とも初期の小さな虫歯ばかりだった。
さっそく1本、治療してもらう。
ここではいつも簡単な治療は麻酔なしでするので、麻酔がきれるまでの不快感がない。
初めは緊張したけど、慣れてしまうとこっちのほうが楽だ。

これ以上虫歯が増えるのは嫌なので、
歯磨きをもう少し徹底しようと新しい歯ブラシを買う。
ブラシ部分がとても細くなっていて部分磨きのしやすい矯正用歯ブラシ。
(タケシくんに見せたら、消しゴム?と言われた)
これでしっかり磨いて虫歯予防しよっと。
歯ブラシも買ったし、次回の予約を取って、
母子手帳にもばっちり記入してもらって、
さ、散歩して帰ろう。

帰りに駅前まで歩いて、カネルに寄って。
水曜日限定でクロワッサンやデニッシュが出ているようなので、
もしかしたら買えるかなと思っていたのだけど、
お昼前に行ったらもう売り切れ。人気があるのだ。
ともあれ、友人のお店が盛況なのはとてもうれしい。
お昼はオニオングラタンスープと決めていたのでバケットと、
冬の新作パンと、朝ごはん用にハード系のぱんを買って紙袋を抱えて帰る。

最近お昼前に眠くて眠くて猫と一緒についお昼寝、という日が多いのだけど、
朝から外に出て少し歩くだけでやっぱりすごく気持ちがいい。
安定期にも入ったことだし体力作りも兼ねて、そろそろしっかり歩かなくちゃね。
(って、なんだかずっと言ってる気がするけども)
一時期、朝ごはん前に少し散歩していたことがあるのだけど、
朝の天気のいい日も増えてきたし、
本格的に寒くなる前にまた朝散歩を始めてもいいかも。
タケシくんに提案してみよう。





















お昼ごはん。
オニオングラタンスープ、カツサンド半分、大根とホタテのサラダ。

そうだ、カネルでカツサンドも買ったんだった。
オニオングラタンスープの、炒め玉ねぎの簡単な作り方を発見。
初めにストウブでごくごく弱火で蒸し焼きにしてから炒め始めて、
間にも何度か蒸し焼きを挟むと、
炒めている間中こげないように混ぜ続けなくてよいので楽だった。
レンジでチンしてから炒めると早いらしいけど、
うちにはレンジがないのでいつも炒めるのが手間だったのだ。
大根とホタテのサラダは千切りにして塩もみした大根にホタテ缶を混ぜて、
マヨネーズとお酢少しで和えるだけ。






















団子になって寝る猫たち。
いつもはここにご一緒させてもらう。
それにしてもうちの猫は飼い主の脱いだ服の上にのるのが好きだ。
畳んである洗濯物もだけど。とりあえず、のる。
よその猫もそうなのかな。






























おまけ。
脱走した次の日のミッちゃん。
洗われて間もないので、体中がさらふわの、ふっかふかなのである。
なんとなくくびまきを巻いてみたら(ミツはあまり嫌がらない)
なんともかわいかった。
かわいくてかわいくてしょうがない、の図。