2013/11/12

ピリ辛豆乳鍋

晩ごはんのお鍋のつゆがおいしかったので、覚え書き。


ピリ辛豆乳鍋

豆乳 300ml
だしつゆ どぼどぼっと(計っていないので適当)
みそ ティースプーン4杯
チリソース(yeo'sの海南鶏飯用のもの) ティースプーン1杯
すりおろししょうが 親指サイズくらいひとかけ
鶏ガラ 少々
野菜コンソメ 少々
一味唐辛子 少々

今日の具材
キャベツ、にんじん、大根、じゃがいも、牡蠣、鱈、鶏肉、シメにラーメン。


ここ数日またぐぐっと冷え込んでいる。
今日はタケシくんが休みなので夜はお鍋にしようと決めていた。
牡蠣が食べたかったので、牡蠣のキムチ鍋にするつもりで買い物に行ったら、
お店に並んでいるキムチに食べたいようなものを見つけられず、断念。
キムチはまたの機会によつばで注文することにする。
冷蔵庫には鍋野菜の定番の白菜がなくって、大きなキャベツがあるのでそれを使いたい。
キャベツと牡蠣をおいしく食べられる鍋、ということで、今日は豆乳鍋にすることに。
ちょっとだけピリ辛にして、キムチに傾いていた気持ちを紛らわす。
チリソースを少し入れたら味にぐっと深みが出た。
これに練りごまとすりごまを加えたらおいしい担々麺が作れそうだ。
しょうがをたっぷり入れたので、食べ終わったら足の先までぽかぽか。

家で使う調味料は、なるべく昔ながらの方法で作られたものや、
余計なものの添加されていないものを選んで使っている。
学生の頃などはゆっくり料理なんてしている時間もないし、
食材や調味料なんて安いほうがいいのだと思って、
(音大に通っていたので、学費だけでも相当な負担をかけているのに、
生活費くらいは倹約しなくちゃ、とその時は考えていた)
そんなこと全然気にしてもいなかったのだけど、
ある程度時間をかけて楽しんで料理するようになってくると、
だんだんと調味料もいいものを使いたくなってきたのだ。
手をかけて作られている分、それ相応に値段は張っても、
そのほうがずっとおいしいし、体にも優しい。

学生の頃、で思い出した。
同じ学年の打楽器専攻生で集まってゆみこの家でお鍋をした時に、
鍋の食材の買い出し中、いつも通り味ぽんを買おうとしている私たちに
はなちゃんが、「ポン酢はいいのでなくちゃだめ」と、
もとい、「ポン酢はええのやないとあかん」(はなちゃんは大阪人だった)と、
味ぽんの倍ほどの値段はするであろう、
食べたことのないようなポン酢をかごに入れたのだ。
高い!と思いながら、たまにはいいかな、と思い食べてみたら、
これがとってもおいしかった。
思えばこの時が私の、調味料の違いについて意識した初めの経験だったのかも。
ありがとう、はなちゃん。
そして今ではさらに、その時のポン酢よりもいいものを買うようになった。
(経済的に、というわけではなく、考え方としてそれが可能になったということ。
もちろん、高ければ高いほどいいと思っているわけではない。念のため。)
長い時間をかけてじわじわと、私の食べ物に関する考え方は
明らかにすっかりと変わってしまっているみたいだ。おもしろい。
単純においしいものを食べたい、というくいしんぼうな理由もあるし、
自分の食べる物を考えて選ぶようになってきてからのほうが、
体の調子もずっといいという実感もある。

デザートには柿を。
鳥取の実家から腹帯と一緒に大量の果物が送られてきたので、
しばらくは果物が食べ放題でうれしい。
その中に合わせ柿(渋柿の渋を抜いたもの)もあって、
じゅくじゅくのやわらかーい柿なのだけど、
これをシャーベット状に凍らせて食べるとおいしいらしい。
寒くてなかなか試せないでいるのだけど、今度やってみなくちゃ。