2013/11/03

クジラの跳躍とアザラシねこ

朝方の、暗い海を一人で泳いでいる。
大きな魚のような影が近づいて来ていて、
なぜかそれがクジラだということがわかっている。
けれど、自分の下に広がっている海があまりにも深いので、
知らないうちにサメなんかのような恐ろしい生き物が
近づいて来ていたらどうしようという、恐怖半分、好奇心半分。
その時、目の前で4mか、あるいは5mくらいのクジラが、
水しぶきをあげながら飛び上がったのだ。
思わず、「すごい!!」と声を上げる。

タケシくんに「んん?」と言われ、そこで目が覚める。
夢の中の声が、寝言になっていたみたい。
朝方に起こしてしまったようで、ごめんなさいね。
そのまま、二度寝。
起きてからも夢のことはしっかり覚えていた。
どういう意味があるのか気になって、夢事典を引いてみる。
「クジラがジャンプする」というのは 載っていなかったが、
クジラが出てくること自体はいい夢のよう。
何より、間近でクジラのすばらしい跳躍が見られて感動。(夢だけど)
朝からいい気分である。
(起こされたタケシくんは、いい迷惑である)

さて、今週末はなんだか町が活気に溢れてるなと思っていたら、
三連休だったのだ。知らなかった。
しかも台風のせいで紅葉が延び延びになっているらしく、
那須の上のほうが、今がちょうど見頃なのだそう。

そういうわけで、お店も賑やか。
賑やかと言っても、古本屋なので、静かなのだけれど。
お客さんが来てくださるっていいなぁ。
じっくり本を見て、いい本見つけていってくださるって、
うれしいことだなぁ、としみじみ思う。
自分がいいと思って置いている本を買っていってもらえると、
やっぱりうれしいもの。張り合いがあるのだ。
久しぶりに町の賑わう日にお店を開けることができたので、
疲れはしたけど、とてもうれしかったのでした。

夜、タケシくんもへとへとのへろへろで帰ってくる。
疲れすぎて、たれ目になっているぞ。
お疲れさまーと何度も言い合う。

忙しい日、ちょっと疲れた日のごはんは無理をしないのだ。
お昼に野菜たっぷりの中華あんかけ
(しょうが、豚肉、大根、人参、茄子、チンゲンサイ)
をたくさん作っておいて、お昼はあんかけごはんで夜はかた焼きそば。
かた焼きそばはタケシくんだけ。ウスターソースをちろっとかけて。
私は夕方頃に必ずお腹がぺこぺこになるので、
夕方にあんかけごはんを少しと、夜はおかゆにあんかけで食べた。
おかゆあんかけ、中華粥っぽくておいしかった。

一度にたくさんのごはんが食べられなくなった代わりに
ちょこちょこお腹がすくので、おやつを食べる回数が増えてしまった。
おやつもおにぎりなんかだと調子いいのだけど、
ついついおせんべいや甘いものを食べてしまったりして。
(そういうものを食べ過ぎると、気持ち悪くなる)
今のところ体重増加はゆるやかで問題なさそうなのだけど、
つわりが終わったタイミングで急に食べ物がおいしく感じられて、
一気に体重が増えてしまう人が多いらしい。気をつけなくちゃ。
































新種、アザラシねこ。
と、眠そうなミツ。
トビはまるまるしているせいか、たまにアザラシみたいに見える。
遠近感?なんだか顔の大きさが全然違うな。
一応、トビミツは姉弟ねこである。