2017/11/25

変わる家

私の心のアイゥオーラおばさま
(ほんとはおばさまじゃなくキュートなレディだけど)、
みほこさんがはるばる鎌倉から会いにきてくれた!
大泣きだ。

---
もう百年ものながいあいだ

待っていたのよ お客さま。

ここへの道を見つけたのだから、

あなたにちがいはありません。

のどがかわいたでしょう。

おなかがすいたでしょう。

みんな用意ができてますよ。

さがしているものも 欲しいものも、

やすらぎも なぐさめも。

つらいことがいっぱいだったわね。

いい子だったにしろ わるい子だったにしろ、

あるがままでいいのです。

だって あなたは

遠い遠い道をきたのですから。

---


ミヒャエルエンデ『はてしない物語』
変わる家のアイゥオーラおばさまの言葉。

ついこの前に再読して、ハクセンがみんなにとっての
“変わる家” のようになったらいいなぁと思っていた。
まさか私にとっても変わる家のようになるだなんて。

あるがまま
ほどむずかしいものはない。
今まで感じたことのない強い感情と出会って
もう心の底からおどろいてしまう。
とても臆病な自分。
明日になったらまた違う自分なのかなぁ。
なかなか寝られないと、なかなか明日がこない。

そう、アイゥオーラおばさまといえば、いっちゃんを思い出す。
ニジョウヒピンの二人はどうしてるかな。






2017/11/22

白線文庫のこれまでとこれから

ここでお店を開く前から決めていたこと。
日々の業務に追われてすっかり忘れてしまっていました。
こじまさんは喫茶を、私は本を。
かつて、そう決めてここまで来たのでした。
10年前に決めたことです。

いざお店をはじめてみるとままならないことがあまりにも多く
どうにかしてお店の水準を保たなくては、
いいお店でないと、ここにある意味はない、
と、とてもきびしく考えていました。
そう思って懸命に日々を送っていたら、
いつのまにか、自分の場所ではない喫茶に
深くかかわりすぎていたようです。
そしていつのまにか、自分自身のこれからのことが
なにも見えなくなってしまっていました。
とにかく、このままではいけない、と思って
ワガママを言ってお店の業務から少し離れさせてもらって、
ゆっくり考える時間をもらいました。
なにも言わずにお店で急に姿を見せなくなって、
たくさんの方にご心配をおかけしました。
ごめんなさい。

これまでのこと、このさきのこと。
ゆっくりじっくり考えさせてもらいました。
10年前には見えていなかった、このさきの夢が、
おぼろげながら、見つかったような気がしています。
私は夢を見ながらでないと生きていけないのだな、と、
たいせつなことに気がつきました。
寝てみる夢、なぜか近頃いっさい見ないのです。
だから、起きてみる夢が必要。

しばらくの間、白線文庫を整える作業と、
喫茶の仕事を引き継いでいく作業に集中したいと思います。
そして、あたらしい夢への準備も。
あたらしいことがかたちになっていくのは、
これまでのことを整えてからなのですね。きっと。

白線文庫は古本屋ではなく、ハクセンの本棚として
整えていこうと思っています。
喫茶を愉しみながら、好きに本を読んでもらえる本棚として。
そういえば黒磯の白線文庫にも、読書室がありました。
きっと懐かしく思い出してくれる方もいらっしゃるんじゃないかな。
いつかは本の貸し出しもできたらいいんじゃないかなとも思いますが、
それはこれからの喫茶のスタッフにゆだねてみようと思います。

「ひとり灯火のもとに 文をひらいて
見ぬ世の人を 友とする
ここに古本屋があることで
だれかの なにかの きっかけになれば」
そう思ってはじまった白線文庫でした。
そして、その「ここ」というのは黒磯の町でした。

今いるこの場所には、こじまさんのハクセンがあります。
満ち満ちた水の風景のある、こころ静かな場所です。
「人がやってきて、人に会うこと。話をすること。友達になること。
毎日の生活の中で、何となく気がついているけど、言葉にできないことを、
言葉にして、気がつきあうこと。」
ふたつめの「人」のところは、
「本」や「音楽」や「絵」と言いかえることもできます。
この場所の、これから。

そしてきっとまた、この場所が、ここにあることで
だれかの なにかの きっかけになってくれる と
強く信じています。

夢や希望は探すものではなくて、与えられるもの
今、そういうふうに感じています。
与えられたものを活かしきる、そんな生き方がしたい。
きびしい考えを持って生きていると、きびしい現実が返ってくる
ということを、身をもって知りました。
そしてこれからはやさしくあまく生きていこうと決めました。
これまでの、かかわってくれたすべての人やものに
言葉では言い表せないほど、感謝をしています。

少しずつかたちは変わっていきますが、
どうぞこれからもあたたかく見守ってくださるとうれしいです。

2017/11/18

秋のうつくしいかけら

秋のうつくしいかけらのひとつひとつが平和なのだと、ある詩人が言った。
かけら、も、平和、も、ピース。

森を歩いていてふと気がついた。

ひとつひとつのピースが、まるでパズルのピースが組み上がっていくように
正しい場所におさまっていくことが平和への道なのだと。

秋の風景にはすべてのうつくしいかけらが
正しい場所に正しくちりばめられている。

私たちはみな正しい場所にいるのだろうか。

ひとつひとつが世界のうつくしいかけらである私たち。

正しい、とか、間違ってる、とか、そういうことは
判断しちゃいけないんだ、と思い込んでいた。

そう、判断はしなくてもいい。
自然に流されていれば、命が運んでくれる。
正しい場所に。
それが運命。

運命に気づけるかどうか。
そして受け入れるかどうか。
それは、あなた次第。
すべて決まっていて、すべて自由だ。

それはとても心愉しく軽やかなことだ、と思う。
今はまだ、ただの強がりだけど。
でも心の奥底はいつもとても静かで、世界はとてもうつくしい。
それだけははっきりと言える。

すべての命の運びに
光りあれ。






2017/11/16

風景にはすべてがある

風景にはすべてがある

光と影
あたたかさとつめたさ
瞬間にうつろうものとすぐには変わらないもの
遠くと近く
上と下
内と外

光はとても魅力的だけれど
美しさをつくっているのは
光と 光をうつすものたち

時をつれて流れる雲
遠くにいつもある変わらない山々
風にのって飛んでゆく鳥たち
ひたひたと満ちるつめたい水
波の音
胸いっぱいに新鮮な空気を吸い込むと
この場所の匂いがする
そして
吹き抜ける風は
やさしく頬をなでてゆく

すべてがあるから
風景は美しい

いつも同じじゃないから
私の心を愉しませる

世界はとても美しい

朝の日の光は
私の心と身体をすこやかにする

2017/10/16

永遠の、瞬間

子どもの頃の記憶で今もあざやかに残っているのは
なぜかどれも一人でいる時の風景だ。
夕日が山へ沈んでいくのが見える、小学校の校庭のブランコに、
一人座って日が沈んでいくのを眺めるのがとても好きだったこと。
波々伎神社の森で生い茂る木を見上げて、木の葉の揺れる音に耳をすませていたこと。
この瞬間瞬間は、私の中で永遠に胸に残っていて、
ふとした時に、すぐ目の前に帰って来る。
本を読んだり、音楽を聴いたり、
外の景色を眺めながらコーヒーを飲んで一息ついている時に、
それはふっとやって来ることもある。

FOLKLOREの演奏は、雲間からこぼれる日の光のような
優しく懐かしい暖かさでゆるやかに心の扉をひらいていって、
しまい込まれていた風景を思い出させてくれる、そんな音楽だった。
きっと同じ時間を過ごしたみなさんも、
感じ方はそれぞれに違っても、確かにあたたかなものを感じたはず。
たえず生まれては消えてゆく、この、美しい音楽。

harukanakamuraさんが青森で生まれ育ったと聞いて、
子どもの頃に同じような美しい風景を見て
同じように言葉にできない気持ちになっていた一人の時間がきっとこの人にもあって、
それを今も大切に大切に守り続けているのだろうと、
なにかがつながったように感じてとてもうれしい気持ちになった。

そして時には、記憶にはない記憶の断片のようなものも入り交じって
心の深いところに届いてゆく。
いにしえの音を奏でるソプラノサックスの内田輝さんに、
あなたは生まれ変わった回数がきっと人よりも多いのだろうな、と言われて、
だから出て来るものもこんなにもたくさんあって、
こんなにも激しいものなのかもしれないな、と思い当たった。
自分の中の、このややこしくて複雑なうまれては消えてゆく感情と
それでもなんとかうまく付き合うことはできるようになったのは、
最近のことかもしれない。
写真家の中川正子さんとの出会いも含めて、
今だから、みんなと巡り会うことができたんだと確信する。

音楽も、楽しい時間も、はじまりがあれば終わりもあって、
出会いがあれば別れがあるわけだけれど、
また自分の中に永遠に残っていくだろう幸福な瞬間がこの二日間でなんども訪れた。
ありがとうございます。

かみさまっているんだね。知ってたけど。